スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最北の485系 

江差線23

青函トンネルを通って函館まで乗り入れてくる485系特急電車を使用した「白鳥」。日本で最も北で見られる485系特急電車です。

スポンサーサイト
[ 2008/10/04 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

夕陽に照らされた機関車 

江差線⑤

待避待ちで停まっていた貨物列車の重連機関車に夕陽があたってきれいでした。この写真、かなり前のですが、機関車にはさびが目立ちますね。


[ 2008/10/03 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

世代交代 

江差線⑳

江差線・海峡線は北海道と本州を結ぶ貨物の大動脈ですが、機関車も世代交代が進んでいます。新幹線開通後はどうなっていくのでしょうか。

[ 2008/10/02 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

記録は今のうちに・・・ 

江差線⑯

木古内駅を江差方面に出発すると、しばらくのどかな田園地帯を単行気動車は走ります。江差線はこの区間も含めて、北海道新幹線が函館まで開通すると廃止と言われていますので、記録はしておかなければいけないと思っています。

[ 2008/10/01 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(2)

スタフ閉塞 

江差線②

江差線の末端部分である湯ノ岱~江差間はスタフ閉塞が採用されています。列車本数も少ないですしね。写真は湯ノ岱駅でスタフを乗務員へ渡しているところです。


[ 2008/09/30 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(2)

天ノ川に沿って 

江差線⑩

江差線の木古内~江差間は、ローカル色が濃い区間です。天ノ川に沿って走る単行気動車。地元の有志が新幹線開業後の江差線の存続を願って湯ノ岱駅~宮越駅間に仮想の駅「天ノ川駅」を設置しています(乗り降りは当然できません)。

[ 2008/09/29 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

寝台特急「日本海」 

海峡線③

海峡線を走行する寝台特急「日本海」。青函トンネルの開通とともに「日本海」の1往復が函館まで延長されました。青森で車両の切り離しが行われていたため、短い編成での青函トンネルの通過でしたが、残念ながら利用客の減少により2006年春のダイヤ改正で函館乗り入れは行われなくなりました。

[ 2008/09/28 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。