スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

有珠山噴火に伴う迂回運転⑩ 

000520函館本線⑯

発車を待つ貨物列車。これから山線の厳しい峠越えに挑みます。ホームの灯りに照らされたDD51のセンターキャブが頼もしく見えました。

スポンサーサイト
[ 2008/12/03 21:00 ] 函館本線 | トラックバック(-) | CM(2)

有珠山噴火に伴う迂回運転⑨ 

000527函館本線⑨

夕暮れの交換風景を狙って、羊蹄山を背景に入れつつニセコ駅を見下ろせるニセコ大橋に立ってみました。曇りでしたが夕暮れの雰囲気と街の灯り、そして特急列車の交換といい感じの光景となりました。

[ 2008/12/02 21:00 ] 函館本線 | トラックバック(-) | CM(4)

有珠山噴火に伴う迂回運転⑧ 

000527函館本線③

雪が僅かに残るニセコ連峰をバックに新緑の中を臨時特急が通過して行きました。

[ 2008/12/01 21:00 ] 函館本線 | トラックバック(-) | CM(2)

有珠山噴火に伴う迂回運転⑦ 

000521函館本線⑨

緑に溶け込んで分かりにくくなってしまいましたが、りんごの花が咲く中を、C62の撮影ですっかり有名になった蘭島~塩谷間を行くトワイライトエクスプレス。単線で線路容量が厳しい中でも、夜行列車の運行が確保されていたのは今となっては意外な気もします。


[ 2008/11/30 21:00 ] 函館本線 | トラックバック(-) | CM(0)

有珠山噴火に伴う迂回運転⑥ 

000521函館本線⑥

迂回運転が実施されていたのは2ヶ月ちょっとの間でしたが、冬の終わりから春を経て夏のはじめにかけてだったこともあり、沿線の光景はめまぐるしく変わっていきました。雪も溶け山笑う中をキハ183系の臨時特急が駆け抜けて行きました。

[ 2008/11/29 21:00 ] 函館本線 | トラックバック(-) | CM(2)

有珠山噴火に伴う迂回運転⑤ 

000521函館本線④

雪が残り、雲がかかった羊蹄山をバックにキハ281を使用した迂回特急「北斗」が通過して行きました。撮影場所はSL撮影でもお馴染みの北4線踏切です。

[ 2008/11/28 21:00 ] 函館本線 | トラックバック(-) | CM(5)

有珠山噴火に伴う迂回運転④  

000520函館本線⑮

函館~札幌間(海線)は北海道の都市間輸送を担っているのはもちろんのこと、本州(関東・関西など)と北海道(特に道央圏)を結ぶ貨物の大動脈でもあります(貨物輸送に支障を来たすと北海道では雑誌の発売が遅れることがあったりします)。したがって、迂回措置が取られていた間は、夜間に集中して貨物列車が運転されていました。写真は、長万部駅で待機する貨物列車を撮影したものです。

[ 2008/11/27 21:00 ] 函館本線 | トラックバック(-) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。