スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太平洋を望んで 

9401太平洋石炭販売輸送③

太平洋石炭販売輸送は、春採湖の湖畔と太平洋に沿って走っています。釧路コールマイン(旧太平洋炭礦)から掘り出される石炭には、海底炭という名がついているように海の底の更に下から掘り出されています。海との組み合わせも絵になっています。

スポンサーサイト
[ 2008/11/13 21:00 ] 太平洋石炭販売輸送 | トラックバック(-) | CM(1)

D401機関車 

9401太平洋石炭販売輸送①

写真のD401は、1964年に日本車両で製作された55t機で、DD13形相当の機関車です。ロッド駆動式が特徴です。ロッド駆動式の機関車というと他に津軽鉄道のDD35形が思い当たるくらいで珍しい存在です。



[ 2008/11/12 21:00 ] 太平洋石炭販売輸送 | トラックバック(-) | CM(0)

電気式ディーゼル機関車 

9401太平洋石炭販売輸送⑧

春採湖畔を走る運炭列車。先頭に立っているのは電気式ディーゼル機関車のDE601です。北海道で電気式ディーゼル機関車というとDF200形を思い出しますが、DE601は1970年に製造されて以来、釧路で活躍しています。

[ 2008/11/11 21:00 ] 太平洋石炭販売輸送 | トラックバック(-) | CM(2)

プッシュプル 

9401太平洋石炭販売輸送⑤

昨日の写真でも分かりますが、この鉄道の運炭列車はプッシュプルなのが特徴です。短い路線ですし、効率の良い運行ということでこうなっているんでしょうね。


[ 2008/11/10 21:00 ] 太平洋石炭販売輸送 | トラックバック(-) | CM(0)

日本で最後の運炭列車 

9401太平洋石炭販売輸送⑥

太平洋石炭販売輸送は釧路市春採にある釧路コールマインの選炭工場(春採駅)から釧路港東港区の知人貯炭場(知人駅)までの4.0kmを結ぶ貨物専業の鉄道です。太平洋炭礦の閉山により、路線の存続が危ぶまれましたが、釧路コールマインが炭鉱事業を引き継ぎ、現在でも出炭に合わせて石炭輸送列車が運行されています。

[ 2008/11/09 21:00 ] 太平洋石炭販売輸送 | トラックバック(-) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。