スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

連絡通路 

9206千歳線⑤

千歳空港駅には空港へのターミナルと駅を結ぶ連絡通路がありました。空港ターミナル側にあった案内標識を記録したものです。多くの人がこの通路を通って飛行機から列車、列車から飛行機へ乗り換えていました。

スポンサーサイト
[ 2008/07/31 21:00 ] 千歳線 | トラックバック(-) | CM(0)

千歳空港駅 

9206千歳線⑦

千歳空港駅は1980年10月1日に、国鉄初の空港連絡駅として開業しました。1991年7月1日の新千歳空港開港に伴い、空港連絡駅としての機能は、新たに開通した新千歳空港駅に譲り、南千歳駅と改称されましたが、千歳線と石勝線の交点にある交通の要所であることには変わりはありません。

[ 2008/07/30 21:00 ] 千歳線 | トラックバック(-) | CM(0)

電光掲示板 

9206千歳線④

新千歳空港駅開業前の札幌駅の電光掲示板のひとコマ。千歳空港駅は当然ですが、今のダイヤでは北広島行きも存在しません。

[ 2008/07/29 21:00 ] 千歳線 | トラックバック(-) | CM(0)

快速「空港ライナー」 

9206千歳線②

新千歳空港開港以前に札幌と千歳空港を結んでいた快速「空港ライナー」。ヘッドマークもついていました。

[ 2008/07/28 21:00 ] 千歳線 | トラックバック(-) | CM(0)

L特急「ライラック」 

9206千歳線①

「ライラック」は昨年、列車名がなくなりましたが、新千歳空港駅開業までは、旭川~室蘭間を走っていました。国鉄色もこの時期から徐々に塗り替えられていきました。


[ 2008/07/27 21:00 ] 千歳線 | トラックバック(-) | CM(0)

斜里岳 

010728釧網本線⑪

斜里岳をバックに快走するキハ54。手前の麦畑がいいアクセントになりました。

[ 2008/07/26 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

夏のオホーツク海 

010728釧網本線⑤

知床連山を背にオホーツク海沿いに走るキハ40。冬の流氷もいいですが、夏も清々しくていい感じでした。
[ 2008/07/25 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

スタンディングトレイン 

010728釧網本線⑥

以前、夏の期間に走っていたスタンディングトレイン。乗客は少なそうでした。乗ってみたかったですが、残念ながらいつの間にか走らなくなっていました。

[ 2008/07/24 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

蒼 

010120釧網本線⑧

レストランが入居していて暖かい灯りがもれる北浜駅を普通列車が発車していきました。蒼い空が印象的でした。

[ 2008/07/23 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

SL 冬の湿原号⑥ 

010121釧網本線⑨

摩周駅を発車する「冬の湿原号」。夕暮れの中、白い煙を残して去っていきました。


[ 2008/07/22 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

SL 冬の湿原号⑤ 

010121釧網本線⑦

折り返し駅の川湯温泉駅で発車を待つ「冬の湿原号」。ワムも連結されていて、混合列車のようでした。

[ 2008/07/21 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

SL 冬の湿原号④ 

010121釧網本線⑤

機回し中の裏方さんを撮った1枚。ごくろうさまです。



[ 2008/07/20 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

SL 冬の湿原号③ 

010121釧網本線③

C11とはいえ、煙の迫力はなかなかのものでした。

[ 2008/07/19 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

SL 冬の湿原号② 

010121釧網本線②

カラーリバーサルでの撮影ですが、仕上がりはモノクロの世界でした。


[ 2008/07/18 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

SL 冬の湿原号① 

010121釧網本線①

ほとんどSLは撮らないのですが、珍しく撮影しに行った際の写真をアップしていこうと思います。

[ 2008/07/17 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

小高い丘から 

010120釧網本線①

山並みと流氷と雄大でいい感じでした。



[ 2008/07/16 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

コントラスト 

000219釧網本線⑦


流氷のところだけが太陽に照らされて、キハ40のヘッドライトといい感じのコントラストになりました。

[ 2008/07/15 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

流氷ノロッコ号 

000219釧網本線⑥


流氷で埋め尽くされたオホーツク海に沿って走る流氷ノロッコ号。機回しをしないでも済むように客車に運転台を設置し、客車を先頭にして走ることができるのが特徴です。

[ 2008/07/14 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(0)

マウントレイク摩周 

000219釧網本線①


1999年にトマムサホロエクスプレスの塗装を塗り替えて(食堂車は外されました)誕生したマウントレイク。釧網本線ではマウントレイク摩周として活躍しました。

[ 2008/07/13 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(0)

夕陽に照らされて 

970126釧網本線⑨


夕陽に照らされた機関車とタンクがいい感じでした。釧路川の輝きもよかったです。



[ 2008/07/12 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(1)

硫黄山 

970126釧網本線②


定番といえば定番なのですが、さすが定番ということでなかなかいい感じでした。



[ 2008/07/11 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(0)

朝日に照らされる重連貨物 

970125釧網本線①


釧網本線の貨物列車は、朝日に照らされ始めた釧路湿原を行く重連貨物。苦労して寒い中登ったかいがありました。



[ 2008/07/10 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(3)

色とりどり 

960713釧網本線③


色とりどりの花が咲いている原生花園はやはりいいなあと感じました。

[ 2008/07/09 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

霞 

960713釧網本線④


この日は原生花園は満開だったのですが、霧がうっすらと出ていて全体が霞んでいました。

[ 2008/07/08 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

どんより 

960713釧網本線⑤


7月上旬(今くらいの時期)のオホーツク海は、天気がいいと気温も上がりそれなりに暑くなりますが、天気が悪いとこのようにどんよりとしていて肌寒く、霧も発生しやすくなります。

[ 2008/07/07 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

知床連山と流氷 

950306釧網本線⑧


知床連山(高く見えるのは海別岳)を背にし、流氷を横に見ながら斜里(現:知床斜里)~止別間の直線区間をやってきたキハ54。ステンレスの前面に夕陽が当たり反射がした車体がきれいでした。


[ 2008/07/06 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

流氷に埋まるオホーツク海 

950306釧網本線⑥


2月から3月にかけて流氷に埋めつくされた光景が拡がるオホーツク海。なかなか壮観です。

[ 2008/07/05 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

霧氷 

9401釧網本線①


1997年3月改正まで、ホクレン中斜里製糖工場向けの貨物列車が設定されていました。釧路開発埠頭西港駅発の石油輸送も1996年まで設定されていました。重連貨物でよい被写体でした。この日は釧路湿原の霧氷もいい感じでした。

[ 2008/07/04 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

原生花園ノロッコ 

9306釧網本線①


6月から7月にかけて、原生花園は一面のお花畑になります。お花畑を行く初代ノロッコ号。


[ 2008/07/03 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)

霧 

92秋釧網本線①


釧網本線の釧路側は霧がかなりの頻度で発生します。この日も霧の中をキハ54が駆けていきました。


[ 2008/07/02 21:00 ] 釧網本線 | トラックバック(-) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。