スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スタフ閉塞 

江差線②

江差線の末端部分である湯ノ岱~江差間はスタフ閉塞が採用されています。列車本数も少ないですしね。写真は湯ノ岱駅でスタフを乗務員へ渡しているところです。


スポンサーサイト
[ 2008/09/30 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(2)

天ノ川に沿って 

江差線⑩

江差線の木古内~江差間は、ローカル色が濃い区間です。天ノ川に沿って走る単行気動車。地元の有志が新幹線開業後の江差線の存続を願って湯ノ岱駅~宮越駅間に仮想の駅「天ノ川駅」を設置しています(乗り降りは当然できません)。

[ 2008/09/29 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

寝台特急「日本海」 

海峡線③

海峡線を走行する寝台特急「日本海」。青函トンネルの開通とともに「日本海」の1往復が函館まで延長されました。青森で車両の切り離しが行われていたため、短い編成での青函トンネルの通過でしたが、残念ながら利用客の減少により2006年春のダイヤ改正で函館乗り入れは行われなくなりました。

[ 2008/09/28 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

特急「スーパー白鳥」 

江差線21

特急「はつかり」と快速「海峡」を引き継ぐ形で2002年12月1日から運行が開始された特急「(スーパー)白鳥」。このダイヤ改正に合わせてJR北海道では789系特急電車を新造しました。

[ 2008/09/27 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

快速「海峡」 

91秋 海峡線②

青函連絡船廃止後、函館と青森間の輸送を担う列車として設定された快速「海峡」。輸送人員の伸び悩みや客車、機関車の老朽化、新幹線の八戸延伸に際して速達化の必要性の高まりなどにより、2002年11月末限りで廃止になりました。




[ 2008/09/26 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

貨物の大動脈 

91秋 海峡線①

海峡線は、北海道と本州を結ぶ貨物の大動脈となっています。ワムの貨物は過去のものとなっており、貨物列車を重連で運用する際の補助機関車としてED75形700番台から改造されたED79形100番台も実質的に運行されていない状況です。


[ 2008/09/25 21:00 ] 江差・海峡線 | トラックバック(-) | CM(0)

無人地帯 

991016石勝線②

石勝線の楓信号所~新得間は、占冠駅周辺、トマム駅周辺を除きほぼ無人地帯を走っています。展開される風景も雄大です。


[ 2008/09/24 21:00 ] 石勝線 | トラックバック(-) | CM(2)

ローカル輸送 

01石勝線①

石勝線は道央と道東を結ぶ幹線のイメージがありますが、夕張線以来の歴史があり、南千歳~追分~親夕張~夕張間では細々とではありますが、ローカル輸送も担っています。南千歳~追分間は石勝線開業時に開通区間で堂々とした構造ですが、そこを単行の気動車が行き来しています。

[ 2008/09/23 21:00 ] 石勝線 | トラックバック(-) | CM(2)

夕張支線 

990530石勝線①

夕張支線に臨時列車で入線したキハ56。直前に曇ってしまったのが残念でした。夕張支線ではあまり撮っていませんが機会があれば、炭鉱があった時代の雰囲気も残っているので機会を作って撮ってみたい路線ではあります。

[ 2008/09/22 21:00 ] 石勝線 | トラックバック(-) | CM(0)

トマサホ 

970216石勝線②

1987年にキハ82を改造した誕生したリゾート列車「トマムサホロエクスプレス」。名前の通り、冬期間のスキーリゾートへの輸送列車として主に活躍しました。晩年は「マウントレイク」塗装となり、函館本線の函館~森間や釧網本線で運用されていました。改造された当初は食堂車を含む5両編成でしたが、その食堂車は連結されないことも多く、この写真の時も4両編成でした。



[ 2008/09/21 21:00 ] 石勝線 | トラックバック(-) | CM(0)

楓駅 

楓駅④

楓駅③

2004年3月12日限りで廃止になった楓駅。客扱いをする旅客列車は新夕張方からやってきてこの駅で折り返していたので、本線から分岐して折り返し専用の線路とホームが設置されていました。写真に写っている駅舎も2004年10月に解体されてしまいました。

[ 2008/09/20 21:00 ] 石勝線 | トラックバック(-) | CM(2)

夏の賑わい 

940624富良野線③

夏の富良野線には、多くの臨時列車や団体列車が入線します。様々な車両が総動員されて賑やかになります。



[ 2008/09/19 21:00 ] 富良野線 | トラックバック(-) | CM(0)

旭岳を望む 

990523富良野線⑥

背景に見えているのは北海道で最も高い山、旭岳です。大雪は広いので富良野線沿線だけでも様々な山を見ることができます。



[ 2008/09/18 21:00 ] 富良野線 | トラックバック(-) | CM(2)

田植え 

990523富良野線⑤

ラベンダーや丘のイメージが強い富良野線ですが、旭川近郊(旭川~北美瑛付近)では水田が拡がっています。

[ 2008/09/17 21:00 ] 富良野線 | トラックバック(-) | CM(0)

深山峠から 

92~93冬 富良野線③

国道237号の深山峠から富良野線を見下ろすと大雪の山並みを背景に雄大な景色が拡がっています。丘のアンジュレーションもなかなかいい感じです。

[ 2008/09/16 21:00 ] 富良野線 | トラックバック(-) | CM(2)

大雪山脈を背景に 

92~93冬 富良野線①

現在では、富良野線ではキハ150が主役ですが、以前はキハ54がメインで運用されていました。富良野線は、旭川近郊の水田地帯、美瑛付近の丘の風景、上富良野~中富良野付近のラベンダーなど様々な光景を見ることができます。雄大な大雪山脈が見られるのもこの線の特徴です。


[ 2008/09/15 21:00 ] 富良野線 | トラックバック(-) | CM(2)

秋深まる 

001028札沼線②

木々が色づいた石狩月形界隈を走るキハ40単行気動車。気づけばもう9月も中旬。そろそろ北海道からは紅葉の便りが聞こえてくるシーズンになりました。あと1ヶ月もすると平地でも紅葉や初雪という時期です。

[ 2008/09/14 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(2)

夕刻の交換駅 

001021札沼線②

空が夕暮れに染まってきた夕刻に石狩月形駅で交換するキハ40。もうちょっとで今日も終わりかなという雰囲気でした。

[ 2008/09/13 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(2)

冬晴れ 

01~02冬 札沼線①

札沼線は意外と山も近く、その景色は変化に富んでいます。白い雪原の中を走る単行の気動車も様になります。

[ 2008/09/12 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(2)

札幌都市圏輸送 

971023札沼線①

札沼線の札幌(桑園)~石狩当別間は、札幌都市圏における公共交通体系の一翼を担っています。そこで主に活躍するキハ141系は当時余剰となっていた50系客車(オハフ51形)を改造して製作されました。

[ 2008/09/11 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(0)

古きよき・・・ 

970901札沼線②

団体臨時列車で浦臼まで入線した在りし日のキハ56。こういう風景には似合う気動車でした。


[ 2008/09/10 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(2)

間合い運用 

970901札沼線①

この写真を撮影した日は、余市(3両)と浦臼(2両)へそれぞれキハ56を使用した団臨が設定されていました。札沼線にこの団臨を撮影しに行き、手始めに石狩川橋梁で待ち構えていたら、団臨に入る前に間合いで札沼線で運用されていたキハ56系5両編成を撮ることができました。




[ 2008/09/09 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(0)

実りの秋 

970901札沼線③

収穫間近となった水田地帯を行く、札沼線のキハ40。札沼線の石狩当別以北で運用されているキハ40 400番台はキハ53 500番台の置き換え用として改造されました。

[ 2008/09/08 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(0)

石狩川橋梁 

950919札沼線①

あいの里公園駅と石狩太美駅間に架かっている石狩川橋梁。写真の橋は1934年に架けられたワーレントラス橋でしたが、残念ながら2001年に架け替えられました。

[ 2008/09/07 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(0)

遅い春の到来 

950429札沼線⑤

田植え時期の直前、畦道にふきのとうを見つけました。国鉄色との相性がいいですね。札沼線は石狩当別以南は、札幌都市圏ですが、それより北側は純然としたローカル線で時間の進み方ものんびりしているような気がするくらい違いを感じられます。

[ 2008/09/06 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(0)

キハ53が活躍してた頃 

950429札沼線②

浦臼駅で折り返すまでの間、ひと休みするキハ53(500番台)。このキハ53 500番台が最後まで活躍したのが札沼線の石狩当別~新十津川の間でした(1996年まで)。


[ 2008/09/05 21:00 ] 札沼線 | トラックバック(-) | CM(0)

水田地帯 

980607留萌本線④

留萌本線は深川から石狩沼田付近までは水田地帯の中を走ります。ここら辺のお米は北海道でもおいしいお米の産地として知られています。


[ 2008/09/04 21:00 ] 留萌本線 | トラックバック(-) | CM(0)

峠下交換 

950603留萌本線④

留萌本線は、留萌駅以外では峠下駅でのみ列車交換が可能です。1998年3月に閉塞方式がタブレットから特殊自動閉塞化され無人化されています。

[ 2008/09/03 21:00 ] 留萌本線 | トラックバック(-) | CM(2)

SLだぁ~ 

000503留萌本線④´

父子で走ってきたSLを眺めています。「すごいなあ~」、「乗ってみたいなあ~」とか思っているのでしょうか。

[ 2008/09/02 21:00 ] 留萌本線 | トラックバック(-) | CM(2)

SL「すずらん」② 

000503留萌本線⑨

雪の残るGW、もやの中を行くSL「すずらん」。雪が多く残っている中で気温が上がり、それによる水蒸気により”もや”が発生して幻想的な光景になりました。

[ 2008/09/01 21:00 ] 留萌本線 | トラックバック(-) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。