スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2000形 

920805日立電鉄②

様々な形式が混在していた旧型電車の置換え用として、営団の銀座線で使用されていた2000形電車を改造して1991年より導入が開始された日立電鉄2000形。この写真は、1992年に撮影したものですが、導入されて日が浅いこともあり鮮やかな赤色が印象的でした。

スポンサーサイト
[ 2009/03/31 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

モハ1000形・サハ1500形4両編成 

920805日立電鉄③

朝のラッシュ時に運用されていた4両固定編成。元小田急1100形で多い時期には10両(うち3両は、旧相鉄1000形)が在籍し、多種多様な車両を抱えていた日立電鉄でも最大勢力を誇っていたようです。長い編成は絵になります。

[ 2009/03/30 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

旧静岡鉄道車同士の交換 

920805日立電鉄⑤

昨日、アップしたクモハ351形とそれより5年早く、静岡鉄道からやってきたクモハ100形の交換風景。廃車になって15年近く経ちますが、今でも車体は倉庫などで使用されているそうです。



[ 2009/03/29 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

クモハ351形 

920805日立電鉄④

静岡鉄道から1984年にやってきたクモハ351形電車。日立電鉄での活躍は10年と長くはありませんでした。この当時は本当にいろんな種類の車両が走っていたんですね。今では、こんなにバリエーションのある私鉄ってほとんどなくなってしまったような気がします。

[ 2009/03/28 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

モハ9形 

920802日立電鉄⑩

モハ9形は戦時中の昭和18年に日立製作所で製造され、旧型電車の中では最も遅い時期(1997年)まで現役でした。

[ 2009/03/27 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

モハ11形 

920802日立電鉄⑬

水田の中を行く単行電車を陸橋から俯瞰してみました。走っているのは1948年製造のモハ11形で本来は営団に納入される予定だったのが注文流れになり日立電鉄にやってきたという変わった経歴の持ち主でした。

[ 2009/03/26 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

稲穂の中を 

920802日立電鉄⑫

日立電鉄は車両だけではなく、沿線の風景もそれなりに変化に富んでいて撮っていて楽しい鉄道でした。

[ 2009/03/25 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

電車の博物館 

920802日立電鉄①

日立電鉄は、廃止時は1992年から導入された営団銀座線の車両を使用していましたが、それ以前は、色々なところからやってきた様々な車両が活躍していました。写真の車両はモハ13形で旧相模鉄道のガソリンカーだったものを改造したものだそうです。

[ 2009/03/24 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

大連市電② 

大連市電④

3000系は日本統治時代に製造された車両とのことで、これを撮影した時ですら車齢60年近くだったのですが、今でも活躍しているようです。

[ 2009/03/23 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

大連市電 

大連市電②

大連には満州国時代からの市電が今でも走っており、街並みにマッチしていました。とは言っても10年以上前の話なので、今も市電は残っているようですが、車両は更新が進んでいるようです。

[ 2009/03/22 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

煙の跡 

950102中国⑫

逆光で霞む中、SLがやってきました。煙の跡が線路をなぞっています。

[ 2009/03/21 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(2)

荒涼 

950102中国⑨

冬ということもあり、荒涼とした大地を走る旅客列車。煙の存在感を感じました。

[ 2009/03/20 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

支線の客車列車 

950102中国⑥

中国東北部の朝鮮自治区の延吉から支線に乗って1時間ほどの所にある龍井で1日撮ったときの1枚です。支線ということもありSLに牽かれた客車が6両という中国にしては短い編成でやってきました。こんな風景、日本でもいろんな所で見られたんでしょうね。

[ 2009/03/19 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

蒼の中を 

950102中国③

まだ夜が明けない中、建設型の蒸気機関車がやってきました。蒼い空の下の煙が印象的でした。


[ 2009/03/18 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(2)

シルエット 

950101中国21

列車に陽が当たらない中での撮影でしたが、山並みを背景として、SL列車がシルエットになりいい感じでした。

[ 2009/03/17 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

朝日に輝く 

950101中国⑤

延辺自治区にある新興スパイラルと呼ばれていたループ線で撮影した写真です。ループ線を登ってきた客車列車が朝日に照らされてきれいに輝きました。

[ 2009/03/16 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(2)

日の出とともに 

950101中国②

日の出とともにSL牽引の貨物列車が通過していきました。最後部には日本では20年以上前に連結されなくなった車掌車です。

[ 2009/03/15 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(2)

大俯瞰 

941231中国②

牡丹江近郊の丘にて牡丹江から綏芬河へ向かう路線を撮影した写真。広大すぎる中で撮るのは難しいものですね。

[ 2009/03/14 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(2)

線路に沿って歩いていたら・・・ 

柴河スナップ①

自らの足を動力にし、台車に乗った一団がやってきました。道路の整備が進んでいないこともあり、列車が通る以外にも違った意味での貴重な住民の”みち”としての役割があるようです。

[ 2009/03/13 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

通過!! 

941230中国?

撮影を終えて、駅に着いたもののもう本日は停まる列車がないとのこと。仕方ないので隣の駅まで歩くしかないかというところでSL重連に牽かれた旅客列車が通過していきました。機関車が小さくても迫力は相当のものでした。

[ 2009/03/12 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

小さな村 

941230中国⑪

柴河森林鉄道沿いにある小さな村の小さな駅の周りでは牛がのそのそ歩いていたりして、の~んびりした雰囲気でした。今は森林鉄道もなくなり、変わったのか、今でものんびりしているのかどうなっているのかなあ・・・。

[ 2009/03/11 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

木材搬出 ~柴河森林鉄道~  

941230中国④

ナローの小さな機関車と長い木材、微妙な対比がおもしろい光景でした。

[ 2009/03/10 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

柴河森林鉄道 

941230中国③

日本では現役の森林鉄道は見たことはないですが、ちょっと前まで中国の東北部には至る所で森林鉄道が現役でした。その中のひとつ牡丹江の北にあった柴河森林鉄道は全長80km、運行されている列車の本数もそれなりにありました。

[ 2009/03/09 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(2)

重単回送 

941229中国①

一仕事終えて、また次の仕事に備えて前進型蒸気機関車が峠を重単回送されていきました。


[ 2009/03/08 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

プッシュプル 

941229中国⑫

日本ではもうかなり昔に見られなくなった昼行の客車列車。この列車はDLとSLのプッシュプルでやって来ました。

[ 2009/03/07 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

力行 

941229中国④

峠の入口に差し掛かり、力行する前進型蒸気機関車。標準軌ということもあり、日本のSLと比較すると迫力がありました。

[ 2009/03/06 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(2)

冬だからこそ 

941229中国③

昨日と同じ場所から撮った写真ですが、煙と音の迫力は相当なものでした。冬だからこそ、この煙が見れるということで極寒の中、待ったかいがありました。

[ 2009/03/05 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(0)

南岔~ド迫力の変則3重連 

941229中国②

中国東北部の黒龍江省の南岔の郊外、本線から分岐して隣駅の柳樹までの間の急勾配区間を登ってきた木材満載の変則3重連貨物列車。氷点下30℃、無風という気象状況のもと、やってきた蒸気機関車の白煙とドラフト音の迫力はすごいものがありました。

ブログを開設して1年が経ちました。見に来て下さった皆様に感謝します。これからもよろしくお願いいたします。

[ 2009/03/04 21:00 ] 中国鉄路 | トラックバック(-) | CM(2)

始発列車 

94秋 深名線⑦

霧に包まれた添牛内駅に始発列車がやってきました。深川始発の名寄行きということもあり乗り降りはありませんでした。

[ 2009/03/03 21:00 ] 深名線 | トラックバック(-) | CM(2)

放牧地帯 

94秋 深名線⑩

北母子里周辺には夏に農家から預かった牛を放牧する牧場が拡がっています。のんびりとした雰囲気の中を列車が通り過ぎていきました。

[ 2009/03/02 21:00 ] 深名線 | トラックバック(-) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。