スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

霞ヶ浦のほとりを行く 

070211鹿島鉄道28

夕陽に染まる霞ヶ浦のほとりを走るKR500形気動車。霞ヶ浦が望める桃浦のあたりは沿線隋一の撮影ポイントでした。

スポンサーサイト
[ 2009/04/30 21:00 ] 鹿島鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

緑色の金太郎 

070211鹿島鉄道⑲

キハ431は、緑とクリームのツートンになっていて、キハ432とは微妙に違う雰囲気を醸しだしていました。

[ 2009/04/29 21:00 ] 鹿島鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

金太郎塗り 

070108鹿島鉄道④

写真のキハ432は平成14年に朱とクリームの金太郎塗りにされて活躍していました。

[ 2009/04/28 21:00 ] 鹿島鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

キハ714+キハ600形 

020216鹿島鉄道②

朝の通学ラッシュに合わせて、キハ714とキハ600形の2連の列車が1往復走っていました。キハ714は、元夕張鉄道キハ251形で1976年に夕張鉄道の廃止に伴い転入してきたものです。鹿島鉄道で最も人気のある車両でした。


[ 2009/04/27 21:00 ] 鹿島鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

キハ600形 

011020鹿島鉄道⑩

鹿島鉄道のキハ600形は、戦前に製造された元国鉄のキハ07形で、廃止の際には車齢が70年以上となっており、気動車としては戦前製唯一の気動車でした。前面は改造によりキハ07形の面影を残していませんが、側面にはキハ07形の特徴がよく残った車両でした。

[ 2009/04/26 21:00 ] 鹿島鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

バラスト列車 

951124鹿島鉄道⑤

百里基地への燃料輸送列車を期待して行ったのですが、来たのはバラスト散布列車でした。鹿島鉄道の燃料輸送列車は2001年8月に中止されてしまい、ついに撮る機会はありませんでした。

[ 2009/04/25 21:00 ] 鹿島鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

キハ430形 

951124鹿島鉄道④

1957年東急車輛製造製の元加越能鉄道加越線キハ120形で、1972年に加越線が廃止されたのに伴い、翌年、鹿島鉄道に転入してきました。後にツートン(更にのちに金太郎塗り)になりましたが、この時(1995年)は、KR-500形と同様の塗装が施されていました。

[ 2009/04/24 21:00 ] 鹿島鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

常陸野を行く 

951124鹿島鉄道⑦

鹿島鉄道は、常磐線の石岡駅と鉾田駅間27.2kmを結ぶ鉄道でしたが、航空自衛隊百里基地への航空燃料貨物輸送が廃止されたことやつくばエクスプレスの開通により収入が減少した関東鉄道からの経営支援が受けられなくなったことが影響し、2007年4月1日に廃止されてしまいました。

[ 2009/04/23 21:00 ] 鹿島鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

気がつけば、 

栗原電鉄⑭

栗原電鉄を引き継いだ第3セクターのくりはら田園鉄道が廃止になって2年が経ちました。くりはら田園鉄道を撮りに行くことができなかったのが残念でした。

[ 2009/04/22 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

ト10形 

栗原電鉄⑱

明治40年に日本車両で製造された木造貨車。現役の頃は最古の貨車でした。バラスト散布に使用されていたようで、砂が積まれて留置されていました。

[ 2009/04/21 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

木造緩急車 

栗原電鉄21

1914年製の木造緩急車ワフ7形。最後まで薬剤散布車として現役でした。走行している姿を見てみたかった・・・

[ 2009/04/20 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

ED201 

栗原電鉄23

車庫に眠っていたED201機関車です。軌間が762mm時代の昭和25年に製造され、昭和30年に軌間が1067mmに改軌された際に車枠交換改造が行われています。この機関車が牽いた貨物列車を見てみたいと思いました。

[ 2009/04/19 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

通学列車 

栗原電鉄50

他のローカル私鉄と同様にこの栗原電鉄(くりはら田園鉄道)も最大のお得意さんは高校生などの通学生だったようです。

[ 2009/04/18 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(2)

すれ違い 

栗原電鉄47

M15形電車とM18形電車の交換。朝日の斜光線がきれいに電車を照らしていました。

[ 2009/04/17 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

黄昏と帰宅列車 

栗原電鉄45

夕暮れ時、パープルに染まった空の下、高校生などを乗せた帰宅列車がやって来ました。駅員さんのお迎えのある駅はいいなあと思いました。

[ 2009/04/16 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

旧細倉駅 

栗原電鉄61

栗原電鉄62

鉱山が閉山した後、細倉マインパークという鉱山の坑道などを利用した観光施設ができましたが、そこへのアクセスのために平成2年6月6日から細倉駅は機能を停止し、鉱山へ延びていた鉄道線路を活用して200mほど路線を延長して細倉マインパーク前駅が開業しました。長らく旧細倉駅は会社事務所として活用されていましたが、現在では、残念ながらホームなどとともに取り壊されてしまったようです。

[ 2009/04/15 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

細倉集落 

栗原電鉄58

細倉鉱山の麓にある細倉集落。細倉鉱山の歴史は古く、9世紀はじめから採掘が行われたと言われているようです。1890年代から本格的に近代鉱山として鉛・銀・亜鉛の採掘・精錬を行っており、1987年3月に閉山するまで、細倉集落も栄えていたことでしょう。

[ 2009/04/14 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

山間に入って 

栗原電鉄57

終点の細倉マインパーク前に近づき山間のロケーションを走るM15形。トンネルを抜けてSカーブを走るこの区間は、撮影する者にとって栗原電鉄のハイライト区間のひとつでした。

[ 2009/04/13 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

栗駒山を背にして 

栗原電鉄52

栗原電鉄は栗駒山の麓を栗駒山を望みつつ走っていた鉄道でした。

[ 2009/04/12 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

駅長室 

栗原電鉄⑥

確か、栗駒駅だったはずですが、古きよき駅の風景が残っていました。

[ 2009/04/11 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

主役交替 

栗原電鉄41

栗原電鉄は1995年の4月に第3セクターくりはら田園鉄道として生まれまわりましたが、その際、非電化路線となりました。くりはら田園鉄道に生まれまわる直前、非電化になるにあたって新たに導入されることになったKD95形の試運転列車とまもなくその役目を終えるM15形の交換を撮影することができました。

[ 2009/04/10 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

白鳥 

栗原電鉄34

一ノ迫川に架かる鉄橋を行くM15形。ここは冬になると白鳥が飛来し、電車からも白鳥の姿を見ることができました。

[ 2009/04/09 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

赤の灯火 

栗原電鉄28

蒼い空のもと腕木信号機の赤の灯火が印象的でした。


[ 2009/04/08 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

青信号 

栗原電鉄27

夜の帳が下りてきた空の下、腕木信号機の傍らを電車が駅に進入していきました。

[ 2009/04/07 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

腕木式信号機 

栗原電鉄26

栗原電鉄では、腕木式信号機が使用されていて、第3セクター後も廃線になるまで現役でした。

[ 2009/04/06 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

M18形 

栗原電鉄②

もともと栗原電鉄にはM181(西武鉄道で改造等をされた車両)がいましたが、福島交通が昇圧した際に廃車となったモハ5300形を2両導入し、18mだったことからM182、M183となりました。ただ、M182、M183を同時に運用することは変電所の容量の関係で不可能であったことから、M15形とM18形が1両ずつ運用に就くという運行形態となっていました。

[ 2009/04/05 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

M15形 

栗原電鉄①

昨日・今日とアップした写真の車両はM15形です。栗原電鉄が昭和30年に貨物輸送を国鉄へ中継する必要から762mmから1067mmに改軌された際にナニワ工機(旧アルナ工機)で新製された車両です。車長が15mの電動車ということでM15形という形式名となっていました。

[ 2009/04/04 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

栗原電鉄 

栗原電鉄③

栗原電鉄は東北本線石越駅と細倉(マインパーク)を結ぶ約26kmの鉄道でした。細倉鉱山の廃止とそれに伴う第3セクター化、非電化などの経緯を辿り2007年3月末限りで廃止されました。

[ 2009/04/03 21:00 ] 栗原電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

Forever 

030603日立電鉄⑪

田植えが終わったまだ日がたたない田んぼの中を傾きかけた日の光を浴びて3000形電車が単行でやってきました。

[ 2009/04/02 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)

3000形 

030603日立電鉄⑧

昨日、アップした2000形が2連だったのに対して、3000形は単行用として両運転台化改造されたものです。登場当時は閑散時間帯に単行で運転されていたのですが、2002年に全列車が2連化されたことに伴い、単行での運行はなくなってしまいました。

[ 2009/04/01 21:00 ] 日立電鉄 | トラックバック(-) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。