スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電気式ディーゼル機関車 

9401太平洋石炭販売輸送⑧

春採湖畔を走る運炭列車。先頭に立っているのは電気式ディーゼル機関車のDE601です。北海道で電気式ディーゼル機関車というとDF200形を思い出しますが、DE601は1970年に製造されて以来、釧路で活躍しています。

[ 2008/11/11 21:00 ] 太平洋石炭販売輸送 | トラックバック(-) | CM(2)

まだ残っているとは

まだ、こういう運炭列車が走っている場所があったのですねぇ。私は、こういう写真は、まだ白黒写真、SL全盛期頃の「懐かしの写真」のような形でしか見たことがありません。
しかも、釧路にあったとは・・・。何度も行ったことがあるのに、全く知りませんでした。
北海道に長く刻まれた、石炭と運炭列車の歴史の、最後の証人というところなのでしょうね。

あと、全く関係ないことですが、カテゴリーが違っているようです(苦笑)。


[ 2008/11/12 18:46 ] [ 編集 ]

LM 様
最近は、出炭量が減ったこともあり、本数はだいぶ少なくなっているようですが、コンスタントに走っているようですよ。北海道を離れている間に機関車の塗装が変更されたりしているようですが、これからも末永く走って欲しいなあと思っています。
機会があれば行きたいのですが、なかなかチャンスがないのが残念なところです。

[ 2008/11/14 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。