スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

津軽飯詰交換 

津軽3-⑳

津軽飯詰駅での気動車とストーブ列車の交換風景です。残念ながら2004年11月に五所川原~金木間の閉塞統合されたことにより、現在ではこの光景を見ることはできなくなってしまいました。小さくて分かりにくいですが、機関車のそばに2人係員が立っていて1人がタブレットを受け取り、もう1人が次の区間のタブレットを渡す様子が写っています。

[ 2009/01/20 21:00 ] 津軽鉄道 | トラックバック(-) | CM(2)

タブレット交換に二人の人員、自動閉塞になっても仕方がないのかもしれませんね。
こんな光景が乗客の安全を守っていると知っている人はどれぐらいいたのしょうね。
[ 2009/01/21 07:50 ] [ 編集 ]

kenken様
タブレット閉塞は人手がかかりますよね。
どんどん無くなるのも確かに仕方ないのでしょうね。
津軽鉄道の場合は、運転本数を減らした時に交換を廃止したというところがますます悲しいです。
タブレットって地元の人でも知らないですよね、多分。
[ 2009/01/21 20:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。