スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モハ27+クハ104 

野上鉄道59

元阪神701形だったモハ27と同じく元阪神1121形電車を野上電気鉄道が導入に際して電装解除したクハ104の2両編成の電車。クハ100形は3両が在籍していましたが、晩年はクハ104のみが運用についていました。

[ 2009/05/15 21:00 ] 野上電気鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

夜の終着駅 

野上鉄道32

終着駅の登山口で発車を待つ電車。通勤帰りの人達を降ろした後の折り返し列車はさびしい雰囲気でした。

[ 2009/05/14 21:00 ] 野上電気鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

モハ20形(25~27) 

野上鉄道21

大正中期に製造された木造車を改造した阪神701形を導入したモハ20形の25・26・27電車。そのうちモハ26がモハ24とコンビを組んで運用についているところを撮るころができました。

[ 2009/05/13 21:00 ] 野上電気鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

モハ24 

野上鉄道33

元阪神601形604を1961年に譲り受けた上で、モハ24として廃線時まで運行されていました。丸みを帯びた5枚窓からなる前面形状が特徴で、野上電気鉄道で最も人気のある車両でした。現在では阪神に里帰りし保存されているそうです。

[ 2009/05/12 21:00 ] 野上電気鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

夕暮れの交換駅 

野上鉄道15

野上電気鉄道では、途中、重根駅が交換駅となっており、ここで交換するようにダイヤが組まれていました。

[ 2009/05/11 21:00 ] 野上電気鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

モハ30形 

野上鉄道20

もともとは大正中期に製造された木造車を鋼体化改造した阪神1001形電車を1960年代に譲受したもので2両存在していました。側窓上に明かり窓があるのが特徴でした。

[ 2009/05/10 21:00 ] 野上電気鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)

デ10形 

野上鉄道10

デ10形は元々は、1951年製造の富山地方鉄道デ5010形で、野上電気鉄道には1975年に3両が譲受されました。12m車で輸送力が小さかったことから昼間の閑散時間帯に主に使用されていました。

[ 2009/05/09 21:00 ] 野上電気鉄道 | トラックバック(-) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。